プーケット空港における運行禁止措置解除の「撤回」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【在タイ日本大使館】

5月15日,タイ民間航空局(CAAT)が5月14日付けで発表しておりました,プーケット空港の運行禁止に関する解除措置について撤回する旨発表しました。
タイ民間航空局からの発表概要の日本語仮訳は以下のとおりです。

本措置は,今後の発表等により変更等の可能性もありますので,引き続き当館ホームページやタイ政府の発表等からの最新の情報収集に努めてください。

1.5月14日付けで発表された,航空機の離発着のための空港の使用における条件と制限時間に関するタイ民間航空局告示第2号(※注1)を撤回する。

2.航空機が離発着可能な空港リストは,先述の航空機の離発着のための空港の使用における条件と制限時間も含め,5月3日付けで発表された,航空機の離発着のための空港の使用における条件と制限時間に関するタイ民間航空局告示(※注2)の通りとする。

以上,現在から追加の告示があるまで適用する。

仏暦2563年5月15日 タイ民間航空局長

(※注1)5月14日付け,タイ民間航空局より発表された,プーケット空港の運行禁止措置の解除に関する告示。

(※注2)5月3日付け,「航空機の離発着のための空港の使用における条件と制限時間に関するタイ民間航空局告示」の別表において公表されている航空機が離発着可能な空港リストは以下のとおりです。

(原文https://www.caat.or.th/th/archives/50166

【国内線のみ運航】ナーン,ピッサヌローク,プレー,メーソート,メーホンソン,ランパーン,コンケン,ナコンパノム,ブリラム,ローイエット,ルーイ,サコンナコン,ウドンターニー,ウボンラチャターニー,チュムポン,トラン,ナコンシータマラート,ラノーン

【国内線及び国際線の運航】クラビ,チェンマイ,チェンラーイ,ドンムアン,サムイ,スワンナプーム,スラーターニー,ハートヤイ,フワヒン,ウタパオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-2-16

    タイのドラマ紹介 24【Bangkok Breaking バンコク・ブレイキング】

    貧しい家族を助けるためにバンコクにやってきた主人公ワンチャイを中心に描かれる、心に響くドラマシリーズ…
ベルリッツ
ハイスピードプラン

おすすめ記事

  1. 今回のラブストーリーの舞台は、バンコクの観光名所の一つであるヤワラー(チャイナタウン)。 マーケテ…
  2. 【在タイ日本大使館】 ■1月21日、バンコク都は、1月22日以降有効とする、施設の一時的閉鎖の…
  3. 流石に、いい加減、ネタが尽きました。なので … 渡泰の予定も見込みもなければ、いつ頃行けるかの…

今週の街角スナップ

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る