【愛しのゴースト】(2014年日本公開)
タイ国民の10人にひとりが絶叫、爆笑、感涙の渦にのまれた、ホラー&コメディー&ラブロマンス新感覚エンターテインメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは「プラカノーンのメーナーク」というタイの昔話をご存じだろうか。日本における「四谷怪談」「牡丹灯籠」がそうであるように、タイ国民の誰もが知る有名な怪談である。

チャクリー王朝初期のプラカノーンの村で非業の死を遂げた女性ナークが、戦場に赴いた夫への未練ゆえに悪霊となり、おぞましい災いをもたらしたという伝説。

1999年に名匠ノンスィー・ニミブットがこの民話を映画化した『ナンナーク』は空前の大ヒットを記録し、アジアン・ホラー史上の記念碑的な作品となった。 そして2013年のタイで「プラカノーンのメーナーク」にあっと驚く大胆アレンジを施した新たな映画『PEEMAK』が公開され、若者たちを熱狂させる大旋風を巻き起こした。

恐ろしくも切ない悲恋怪談であるオリジナルのテイストを受け継ぎつつも、意表を突いたスラップスティック・コメディのエッセンスを加味した本作は、あれよあれよという間に『アナと雪の女王』『アバター』の興収記録を超え、タイの歴代No.1メガヒット作となったのだ。

監督: Banjong Pisanthanakun
主演: Mario Maurer・Davika Hoorne

公式: http://www.love-ghost.com/
視聴はこちらから
Amazon prime

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-2-16

    タイのドラマ紹介 24【Bangkok Breaking バンコク・ブレイキング】

    貧しい家族を助けるためにバンコクにやってきた主人公ワンチャイを中心に描かれる、心に響くドラマシリーズ…
ベルリッツ
ハイスピードプラン

おすすめ記事

  1. 今回のラブストーリーの舞台は、バンコクの観光名所の一つであるヤワラー(チャイナタウン)。 マーケテ…
  2. 【在タイ日本大使館】 ■1月21日、バンコク都は、1月22日以降有効とする、施設の一時的閉鎖の…
  3. 流石に、いい加減、ネタが尽きました。なので … 渡泰の予定も見込みもなければ、いつ頃行けるかの…
ページ上部へ戻る